読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラコンLife

カラコンを装着して約10年。自分にあったカラコンの選び方や芸能人が使っているカラコンなど最新情報を書いています。

安全なカラコンを選ぶ方法とは?

カラコンを付ける時やはり気になるのは「安全」なのかどうか?ということでしょう。

カラコン=目に悪いというイメージを持たれている方もいらっしゃいます。 ここではカラコンの安全性について考えてみましょう。

カラコンの安全性について

カラコン薬事法改正以前、特に大きな規制がなかったために市場に粗悪品が多数出回っていました。 そのためカラコンを付けて、目に傷がつく、失明するなどのトラブルが多数してしまったのです。

その結果、2009年の薬事法改正によってカラコンは高度管理医療機器に認定されました。 現在では厚生労働省の高度管理医療機器に認定されていないカラコンはほとんど市場に出回らなくなっているので安全性が非常に高くなっています。

高度管理医療機器に認定されるためには一定以上の品質が認められなければなりません。 またカラコンを販売するカラコンショップは厚生労働省の認可を得たお店だけになっていますので、その点も安心です。

安全性の高いカラコンを選ぶためには?

安全性の高いカラコンを選ぶためにはまず、そのカラコンが高度管理医療機器に認定されているのかどうかを確認します。 そして使用期限についてもチェックしましょう。

安全性の高いカラコンを選びたいのであればやはりおすすめはワンデータイプのカラコンです。 使用期限が長ければ長くなるほど、レンズには汚れや皮脂が付着しやすく、角膜に負担がかかる可能性が高くなります。

しかしワンデータイプのカラコンであれば毎日新しいものを装着できるのですから、目への負担を極力避けることができるのです。

カラコンの使い方も重要

安全なカラコンを選んで購入したとしても、使い方を間違ってしまえば意味がありません。 安全に使うためには、装着時間はできるだけ短くしましょう。

家に帰ったらすぐに取り外すなどして目を休めるようにしましょう。 またお手入れが必要なカラコンは、綺麗に洗浄をして保存液に保存するようにしましょう。